離婚時に親権獲得をすることが出来た場合、相手と子供の接触についてもしっかりと考えておくようにしてください。場合によっては親権がこちらにあるのに子供が取られるということが極稀にありますので、その対策も弁護士と相談するようにしてください。ちなみに、裁判時にある程度のことを決めることがありますので、予め考えておくようにしてください。

離婚をする夫婦の場合の多くは親権を獲得した親は相手の親に子供を会わせないことが多いです。ですから、人によっては完全に子供に会うことを禁ずることがありますが、実際のところ相手が親権を求めてきた場合はある程度の接触はさせたほうが良い場合があります。相手の親が相当良くない状態の場合は逆効果になる場合もありますが、ある程度決められたタイミングで会わせることでトラブルを避けることが出来る場合があります。また、子供もある程度会うことで子供の精神に良い場合もあります。ですから、できるなら完全な拒絶ではない形にすることをおすすめします。ただし、必ず相手の状態を考えて選ぶようにしてください。

離婚後もあくまでも子供のことを考えるならより良い選択をするようにしてください。そうすることで、子供のこれからそして自分のこれからを良くすることが出来ます。