弁護士を使わないと

離婚時に親権がどうなるかについての問題が出てくることがあります。これを自分一人で解決することが出来る場合もありますが、多くの場合難しいです。ですから、弁護士を使うのが良いのですが、仮に弁護士を使わない場合どうなるかの一例を紹介していきます。必ずそうなるとは限りませんが、このような展開になることがありますので注意です。

まず、弁護士を使わないということは専門の知識などは自分で獲得しないといけません。基本的にこういったトラブルはそうそう多く経験をしているわけではないはずなので、経験値不足でもあります。ですから、責める場面を逃して失敗することがあります。また、相手が弁護士を使ってくる場合、こちらに戦力がないとそのまま崩されることも多くあり、たとえ母親の方が親権を獲得できる確率が高くても親権獲得が出来ない状態になる場合もあります。特に相手の弁護士の攻撃に対しての対策不足で裁判時に良くない評価を出すことがあります。

このように弁護士を使わないと様々な対策が上手くいかないことがあります。それにより離婚や親権に敗北してしまうことが多くありますので、しっかりと弁護士に相談をすることをおすすめします。特にある程度の勝つためのものがあるなら専門家による適切な使い方をしてもらって勝利しましょう。